トップページへ戻る
基本情報 日本にいるもの お店にいる種類 行動 友人の水槽 展示のある水族館
飼育方法 マッドスキッパーリスト トビハゼ行脚 グッズ
| TOP | Profile | PictureBBS | Diary | LINKS |
日本全国
トビハゼ行脚
和歌山県
 *北部
 *南部
岡山県
熊本県
佐賀県
沖縄県
本島*北部
本島*南部
  *久米島
愛知県
徳島県
香川県
世界のトビハゼを探して
日本中のトビハゼを見に行こう!
佐賀編(芦刈町)

 2003年7月14日まで熊本で調査していて、ムツゴロウ三昧の生活にうっとりしていましたが、ムツゴロウといえばここ、という佐賀県芦刈町まで足を伸ばしてきました。ここは町の代表としてムツゴロウを全面的に保護し、いろいろアピールしているとても楽しいところでした。

芦刈町内の、不知火漁港や芦刈町役場にまで押しかけて、生きているムツゴロウを売ってくれるところを探しました。手元にはきれいなムツゴロウの標本がなかったので、安かったら買おうと思っていました。
 しかし、芦刈町内ではムツゴロウは調理したものしか販売しないということでした。 生きたムツゴロウを手に入れるためには佐賀市内のペットショップに行くといいといわれました。生きたのを買うのは諦めて、役場で教えてもらったムツゴロウ観察できるところまで出かけました。

 ありとあらゆるところにムツゴロウがいる!!まず、トイレに始まり、これにビックリしていて中に入ってもっとビックリ!蛇口もムツゴロウ!よーくみてると、時計もムツゴロウなら街灯の上にもムツゴロウのオブジェつき。ふと足元を見れば、タイルにもムツゴロウと、ムツゴロウ尽くしでした。
はねてるね〜いい感じ。
街燈の飾りまでがムツゴロウ。
   夏に来たときはなかったのですが、10月末にもう一度出かけたときに、ムツゴロウののぼりがありました。この「むつのぼり」は、上がっているときには干潟上でムツゴロウが観察できるという印なのだそうです。
私が出かけたとき、かなり寒くなりかけていましたが、良い天気が続いていたようでムツゴロウが見られますよ〜〜という感じで上げられていました。
ただ・・・なかなかきれいに上がってるところが撮影できなかったです。風がなくて観察にはいい日和だったんですけどね。
  
トイレ周辺は小さな公園になっていて、木陰の下のベンチで休めてとてもいいところでした。
そこには、ムツゴロウの説明の看板もあってとても丁寧でした。
   トイレの向こう側の階段を上がった堤防の上から見た、ムツゴロウ観察場。左側にいくつか区切られた泥干潟が見られ、小潮の潮位が高い干潮でも少なくとも一部は泥表面が現れるようなところを選んで区切ってあるようです。右側はかなり潮が引かないと泥が見えないところです。
(左岸) ムツゴロウ時計の向こうの堤防を越えると干潟が広がっていました。 (右岸)
いました、いました。
   右の方へ降りて観察しやすい干潟へ行きました。ムツゴロウもゆったりと生活していました。
このあと、写真をとってビデオも撮影し、お土産も買って満足しました。
   
やんちゃくれムツゴロウのケンカを見てると時間が過ぎるのを忘れちゃいます・・・
そ、そういえばここでトビハゼの写真をとってくるのを忘れました。
次回にご期待ください。(タイトルがトビハゼ行脚なのに、ムツゴロウにはまりきっちゃった。)
先頭まで上がる

Copyright (C) Mudskipper World, All Rights Reserved.