トップページへ戻る
基本情報 日本にいるもの お店にいる種類 行動 友人の水槽 展示のある水族館
飼育方法 マッドスキッパーリスト トビハゼ行脚 グッズ
| TOP | Profile | PictureBBS | Diary | LINKS |
日本全国
トビハゼ行脚
和歌山県
 *北部
 *南部
岡山県
熊本県
佐賀県
沖縄県
本島*北部
本島*南部
  *久米島
愛知県
徳島県
香川県
世界のトビハゼを探して
日本中のトビハゼを見に行こう!
和歌山編〜その1〜(和歌山市内)

私の実家は和歌山市内で、うちのすぐ前には紀ノ川が流れています。私の小さいころから、紀ノ川の河口には、住友金属という大工場があり、周辺はずっと工事続きで(今でも行われていますが)、いつも荒れた状態でした。
 しかし、最近では工事をしなくなった周辺では、泥の堆積がふたたびゆっくりと起こりはじめ、トビハゼたちが帰ってきていました。自分が研究をするまでは、トビハゼがいるかどうかさえも全然気づかなかったのに、探し始めると案外自分の身近にもいたんだなあと再認識する結果となりました。
 まだまだ、小さい個体ばかりで、繁殖も確認されていませんが、このまま工事もなく数年すれば、また、たくさんのトビハゼたちに会えるかもしれません。

  和歌山市内の紀ノ川流域にある、せせらぎ公園の干潟。防波堤のブロックの上から、見渡すことができる小さな干潟。
  それにしても、自転車や冷蔵庫から始まって、バッテリーやお皿のかけらなど、とてつもないゴミが散乱しているので、ぱっと見とっても汚く感じる。それ
でもトビハゼたちはたくましく生きているのです。
   
2002年8月10日に、撮影に行きました。
   このころのトビハゼたちは、すでに秋の気配を感じさせるためか、あまり動きもなくゆったりとしていました。干潟の中に散乱している瓦礫をモロともせず、力強く生きていました。ここで繁殖が行われているかどうか分かりませんが、近くでトビハゼは繁殖していて、その子供たちがここまでたどり着いて成長していっているようにも見えました。
   この場所でも、繁殖できるまでに回復してくれればいいのですが、それにしても自転車が埋まってたり、お茶碗のガレキがところかまわずあったりして、市街地に近いためのゴミに苦しめられてるようです。
先頭まで上がる

Copyright (C) Mudskipper World, All Rights Reserved.