トップページへ戻る
基本情報 日本にいるもの お店にいる種類 行動 友人の水槽 展示のある水族館
飼育方法 マッドスキッパーリスト トビハゼ行脚 グッズ
| TOP | Profile | PictureBBS | Diary | LINKS |
トビハゼ属
ムツゴロウ属
B. boddarti
B. birdsongi
B. caeruleomaculatus
B. dussumier
B. pectinirostoris
トカゲハゼ属
モドン属
ムツゴロウ Boleophthalmus pectinirostris

ムツゴロウは、日本で有明海に生息しているマッドスキッパーの代表選手として有名です。有明海の重要な水産資源でもあります。
ムツゴロウは日本だけでなく、台湾や中国でも食用として利用されています。しかし、養殖するのが非常に難しく、現在もいろいろ試行錯誤されているようです。

 
ムツゴロウは、東南アジアに広く分布するボダルティに比べると、体はスレンダーであり、ヒレが非常に大きいです。また、肌がつるんとした感じでコバルトブルーの斑点がよく目立ちます。
 えさは、泥表面にある藻類を削り取って食べます。そのため、首をふりふり、泥の上を這いまわっているのがよく見られます。
  アゴは、泥の上の藻類をこそげ採りやすいように、硬く平らになっています(手で触ってもかなり硬い感じ)。こそげた藻類は口の中に入りやすいように少し切れ込みがあり、これに沿って藻類が流れるようになっています。

    

  ムツゴロウは、オスもメスも自分の巣を一年中たいてい持っています。そのため、ひとつの穴を中心に移動する時につく足跡(お腹をすって歩いた跡)がよく見られます。巣の周辺をパトロールすると同時に、餌を食べながら歩き回るので、このような模様が干潟中に広がっていました。
  2003年7月12〜14日に出かけたときは、ちょうど繁殖期の真っ最中で、オスたちがおのおの、求愛ジャンプをしてメスの獲得を競っていました。 そのジャンプはとてもダイナミックなもので、ひれを大きく広げてまっすぐ上に飛び上がります。この姿はまさに、干潟の王者そのものでした。
 ジャンプのあと、自分の巣のあたりでヒレや体をばたばたさせて、自分の存在をアピールします。まるでだだっこのようで、ちょっと笑えました。
 このように、尾ビレの力で大きな体を中に舞わせるのです。ものすごい瞬発力ですね。
右の画像は、まさにジャンプしようとする瞬間!を捉えました!
先頭に上がる

Copyright (C) Mudskipper World, All Rights Reserved.