トップページへ戻る
基本情報 日本にいるもの お店にいる種類 行動 友人の水槽 展示のある水族館
飼育方法 マッドスキッパーリスト トビハゼ行脚 グッズ
| TOP | Profile | PictureBBS | Diary | LINKS |
トビハゼ属
P. argentilineatus
P. barbarus
P. chrysospilos
P. gracilis
P. kalolo
P. magnuspinnatus
P. malaccensis
P. minutus
P. modestus
P. novaeguineaensis
P. novemradiatus
P. spilotus
P. walailakae
P. waltoni
P. weberi
Periophthalmus sp.
ムツゴロウ属
トカゲハゼ属
モドン属
 トビハゼ属 (Genus Periophthalmus)

 トビハゼ属はマッドスキッパーの中で、世界的に最も広く分布し、たくさんの種数が含まれています。おおむね肉食ですが、わずかに藻類なども食べるようで雑食性のようです。干潟やマングローブ林の生えるエリアに広く分布し、塩分濃度によっても生息する種類が異なります。アフリカンマッドスキッパーP. barbarusが最も大きくなり、20センチ以上になることもあります。最小種はP. gracilisで、成体でも5センチ未満であるとの報告があります。
 現在トビハゼ属は、少なくとも15種が確認されています(下表参照)。ペットとして入ってくるインディアンマッドスキッパーは今のところ未記載種です。(つまり、まだ種が確定していないということです。)下の表の中で、赤の列の種は私が採集したことがあるもの、緑の列はペットとして日本に入ってくるものを示しています。

世界で今のところ分かっているトビハゼ属の種類とその特徴
画像 トビハゼ属 生息場所 特徴 英語名 日本での呼び名(地方名)
P. argentilineatus 世界各地(インド洋・太平洋沿岸) トビハゼ属で最も分布が広く、沖縄は北限 Barred mudskipper ミナミトビハゼ(とんとんみ)
P. barbarus アフリカ西海岸(セネガル〜アンゴラ) 最も大きくなる種
(20cm以上)
African mudskipper:
Atrantic mudskipper
アフリカンマッドスキッパー
P. chrysospilos オセアニア(赤道周辺) 最も高温域に生息する Gold-spotted mudskipper
P. gracilis 南アジア〜オーストラリア北部 第1背ビレの後ろに大きな黒点
P. kalolo アフリカ東海岸〜南アジア・サモア 体が平べったい (サモアでKaloloと呼ばれている)
P. magnuspinnatus 韓国南部 95年に韓国で新種記載
P. malaccensis シンガポール・フィリピン・ニューギニア
P. minutus タイ〜フィリピン・クィーンズランド 一番陸側を好む Red-fin mudskipper
P. modestus 中国南部沿岸・マカオ・韓国・日本・台湾 体色が一番地味 Chinese mudskipper(と言われていた) トビハゼ(かっちゃむつ・とびとびぃ)
P. noveaguineaensis ニューギニア〜オーストラリア北部 トビハゼ属の中で一番カラフル New Guinea mudskipper
P. novemradiatus 西南〜南アジア 潮間帯上部に生息 Dusky-gilled mudskipper
P. spilotus スマトラ島・インドネシア 1999年にスマトラで新種記載
P. walailakae タイ〜マレーシア 2002年にタイで発見
P. waltoni ペルシャ湾〜パキスタン トビハゼに似ているが、第2背ビレが大きい Walton's mudskipper
P. weberi インドネシア・インド・ニューギニア・ケアンズ 背ビレの第1軟条が非常に長い Weber's mudskipper
Periophthalmus sp. 1 ミャンマー・インド・タイ 第一背ビレの全体が赤い・小型種 Indian mudskipper インディアン
マッドスキッパー
先頭に上がる

Copyright (C) Mudskipper World, All Rights Reserved.