Home トビハゼの
基礎知識
日本の
トビハゼ
世界の
トビハゼ
ペットの
トビハゼ
自然での
行動
うちの
トビハゼ達
ムツゴロウ
・トカゲハゼ

 世界にいるトビハゼ属魚類

 トビハゼ属は現在15種が確認されています(下表参照)。
ペットとして入ってくるインディアンマッドスキッパーと
私がベトナムで採集したものは今のところ未記載種です。
(つまり、まだ種が確定していないということです。)

  下の表の中で、赤の列の種は私が採集したことがあるもの、
緑の列はペットとして日本に入ってくるものを示しています。

世界で今のところ分かっているトビハゼ属の種類とその特徴

画像 トビハゼ属 生息場所 特徴 英語名 日本での呼び名
(地方名)
{私だけの勝手な呼び名}
P. argentilineatus 世界各地(インド洋・太平洋沿岸) トビハゼ属で最も分布が広く、沖縄は北限 Barred mudskipper ミナミトビハゼ
(とんとんみ)
{みなみ}
P. barbarus アフリカ西海岸(セネガル〜アンゴラ) 最も大きくなる種
(20cm以上)
African mudskipper:
Atrantic mudskipper
アフリカン
マッドスキッパー
{アフリカン}
P. chrysospilos オセアニア(赤道周辺) 最も高温域に生息する Gold-spotted mudskipper {クリソスピー}
P. gracilis 南アジア〜オーストラリア北部 第1背ビレの後ろに
大きな黒点
P. kalolo アフリカ東海岸〜南アジア・サモア 体が平べったい (サモアでKaloloと
呼ばれている)
P. magnuspinnatus 韓国南部 1995年に韓国で
新種記載
P. malaccensis シンガポール・フィリピン・ニューギニア
P. minutus タイ〜フィリピン・クィーンズランド 一番陸側を好む Red-fin mudskipper {ミニ}
P. modestus 中国南部沿岸・マカオ・韓国・日本・台湾 体色が一番地味 Chinese mudskipper
(と言われていた)
トビハゼ(かっちゃむつ・とびとびぃ) {とびぃ}
P. noveaguineaensis ニューギニア〜オーストラリア北部 トビハゼ属の中で
一番カラフル
New Guinea mudskipper
P. novemradiatus 西南〜南アジア 潮間帯上部に生息 Dusky-gilled mudskipper {ノーベム}
P. spilotus スマトラ島・インドネシア 1999年にスマトラで
新種記載
{デメトビハゼ}
P. walailakae タイ〜マレーシア 2002年にタイで発見 {ラノン}
P. waltoni ペルシャ湾〜パキスタン トビハゼに似ているが、第2背ビレが大きい Walton's mudskipper
P. weberi インドネシア・インド・ニューギニア・ケアンズ 背ビレの第1軟条が
非常に長い
Weber's mudskipper
Periophthalmus sp. 1 ミャンマー・インド・タイ 第一背ビレの全体が
赤い・小型種
Indian mudskipper インディアン
マッドスキッパー
Periophthalmus sp. 2 ベトナム北部(ドソン) ミナミトビハゼに似ているが、腹ビレが杯状 {ベトナムン}

一覧表 世界での
分布地図
流域分布 クリソスピー ノーベン ワライラケ