トップページへ戻る
基本情報 日本にいるもの お店にいる種類 行動 友人の水槽 展示のある水族館
飼育方法 マッドスキッパーリスト トビハゼ行脚 グッズ
| TOP | Profile | PictureBBS | Diary | LINKS |
沖縄美ら海水族館
和歌山県立
自然博物館
葛西臨海水族園
佐賀・ムツゴロウ王国
干拓の里・
ムツゴロウ水族館
姫路市立水族館
アクアトト 岐阜
名古屋港水族館
志摩マリンランド
京大・白浜水族館
須磨海浜水族園
渋川マリン水族館
トビハゼ・ムツゴロウを見ることができる施設
葛西臨海水族園(東京)

ディズニーランドの隣駅に、葛西臨海公園があります。ここは東京か?と思うくらい非常に広大な敷地の中に、水族館や鳥類観察エリア、大規模な渓流水槽が別棟になっており、すべてを見て回るには、1日がかりでないと無理かもしれません。しかも、たいていの施設は入場無料であるのが非常に良心的でいいです!

TOPIC!
葛西水族園では、2004年夏にトビハゼの水槽内繁殖に成功したそうです!!詳しいことはここをクリックして記事を見てください。
東京都からのお知らせ   葛西水族園報告

葛西臨海水族園。
エスカレーターで下がっていくのが、わくわく感をそそります。降りてすぐに、巨大マグロが何匹も泳ぎ回っている水槽があり、それを見てるだけで時間が過ぎるのを忘れちゃいます。それ以外の水槽も圧巻です。
(見とれてしまってたので、写真をとるのを忘れてました。次回にトライしますね。)
トビハゼ水槽。
ひっじょ〜〜に地味な水槽ですが、トビハゼにとってはかなり快適な環境になっています。トビハゼたちの姿を見ても、もこもこに太っていて、健康状態はとてもいいみたいでした。自分の巣を掘っているトビハゼもいました。
  ここの水槽でトビハゼの繁殖に挑戦しているそうです。うまくいったらいいですね〜ただ、トビハゼってうまくいけそうでいけないんですよね、養殖。でもとうとう2004年にうまくいったようです!!職員の皆さん、すごいです。
干潟の説明板もトビハゼの看板も丁寧に作られていました。
特に干潟に対しての説明はわかりやすく書かれており、勉強になります。
日本最北限に生息するビハゼなんかよりも、はるかにVIP待遇の魚がいました。タマカエルウオです。小笠原諸島には泥の干潟がなく、周囲のほとんどが岩場や絶壁に囲まれているので、ギンポの仲間がたくさんいます。その中でも水が嫌いで、岩場をくねくねと歩き回るタマカエルウオが目を引きます。
西表島にはタマカエルウオと、それよりももっと水が嫌いなヨダレカケがいますが、小笠原にはヨダレカケはいないようです。
海水が強弱つけられつつながれ、海岸の飛沫帯を再現した水槽にたくさんいました。ライトアップもされていて隠れたスター扱いでした。
葛西臨海水族園の詳しいことはここをクリックしてHPで調べてください。
先頭に上がる

Copyright (C) Mudskipper World, All Rights Reserved.