トップページへ戻る
基本情報 日本にいるもの お店にいる種類 行動 友人の水槽 展示のある水族館
飼育方法 マッドスキッパーリスト トビハゼ行脚 グッズ
| TOP | Profile | PictureBBS | Diary | LINKS |
沖縄美ら海水族館
和歌山県立
自然博物館
葛西臨海水族園
佐賀・ムツゴロウ王国
干拓の里・
ムツゴロウ水族館
姫路市立水族館
アクアトト 岐阜
名古屋港水族館
志摩マリンランド
京大・白浜水族館
須磨海浜水族園
渋川マリン水族館

トビハゼ・ムツゴロウを見ることができる施設
京都大学附属白浜水族館(和歌山)

 京都大学附属の臨海実験所とともにある水族館です。主に無脊椎動物の展示で、その生き物の生態がよく分かるように展示してあります。臨海実験所の研究員のテーマのほとんどが脊椎動物にかかわるものなので、展示も他にはない詳しい専門的な解説もたくさんついています。

 建物の中。非常に清潔でとても静かです。ただ他の水族館などに比べると、生き物の健康を最優先にしているようで、水槽内は明るく廊下は非常に暗くすることで、お客さんがいても中の生き物には見えにくく、ストレスを極力与えないようにしているみたいです。

<<お客さんは私の姪の「しずか画伯」。

 干潟水槽のエリア。トビハゼだけでなくコメツキガ二とヤマトオサガニが入っていました。

飼育状況はよいようで、スナガニたちのウェービングが頻繁に見られました。
  水際にいるトビハゼたちは泥表面の何かにかじりついたり、うろうろ歩いていました。泥山の上にいる個体はリラックスムードでなごんでいました。水槽内に入れてある個体数は少し多めでしたが、ケンカをするほどではなく適度に仲間がそこここに見えるので、安心しているように見えました。
  
   
 トビハゼ以外の魚たちも元気そうでした。小さめの水槽がたくさん並んでおり、昔からの水族館という感じで、結局生き物をゆっくりじっくり見るには、こういう展示がいいと感じました。
 あんまり写真は撮りませんでしたが、サンゴやヒトデ、イソギンチャクなどの無脊椎動物の展示は圧巻です。

詳しいことは京都大学白浜水族館ホームページで確認してください。

先頭に上がる

Copyright (C) Mudskipper World, All Rights Reserved.