トップページへ戻る
基本情報 日本にいるもの お店にいる種類 行動 友人の水槽 展示のある水族館
飼育方法 マッドスキッパーリスト トビハゼ行脚 グッズ
| TOP | Profile | PictureBBS | Diary | LINKS |
沖縄美ら海水族館
和歌山県立
自然博物館
葛西臨海水族園
佐賀・ムツゴロウ王国
干拓の里・
ムツゴロウ水族館
姫路市立水族館
アクアトト 岐阜
名古屋港水族館
志摩マリンランド
京大・白浜水族館
須磨海浜水族園
渋川マリン水族館

トビハゼ・ムツゴロウを見ることができる施設
須磨海浜水族園(兵庫)

 いくつかのサイトでも紹介されているように、トビハゼを見ることができるお勧めの場所です。阪神大震災で以前の建物はなくなって、モダンな外観の建物の中は、現在はやりの大きなガラス面のある大潟展示水槽がたくさん作られました。そのひとつに立派な干潟水槽があり、見ごたえがあります。

  
  阪神大震災で非常に甚大な被害を受け、多くの生き物たちの命が失われましたが、新たに大水槽なども作られ、今はやりの近代的な建物に生まれ変わりました。少し暗い入口を抜けると、横にひろーい吸いそうがお出迎えしています。
******************************************************************
 干潟の展示水槽。かなり広いです。泥の状態がとても健康なようで、表面も掘り出された泥もきれいな黄土色をしていました。巣穴もけっこう掘られていましたし、カニ達も元気そうでした。
 
 ただ、入っているトビハゼ密度がめちゃめちゃ高いです。そのためにトビハゼ同士の小競り合いがしょっちゅうあり、そこらへんでけんかしてました。右の個体がケンカ好きっていうか、手当たり次第ケンカを売ってました。
 水槽の中には同居者として、ムツゴロウが一匹だけいたんですけど、ものすごくビビっていて、写真を撮ろうとしたけど隠れてしまい、それっきり出てきてくれませんでした。2時間近く粘ったんですけど・・・それ以外には活発に餌を食べているシオマネキ夫婦がいましたよ。もっくもっくとエサを食べてました。
 この水族館では干潟水槽に干満をつけているそうで、閉館直後に水位を上げて満潮にしておき、開館時間に干潮にすることで、観察可能時間に動物たちが活動するように設定しているそうです。
  
 以前の展示を生かした水槽もたくさんあって、モクズショイはカラフルなスポンジを背負っててとてもかわいかったなあ〜!!それに、グッズになんとムツゴロウが描いてあるものを発見しました。・・・でもムツゴロウっていつもそんなに悪いことした後の子供みたいな顔してますかねえ?
 
詳しい情報は、須磨海浜水族園の公式ホームページを見てください。

先頭に上がる

Copyright (C) Mudskipper World, All Rights Reserved.