トップページへ戻る
基本情報 日本にいるもの お店にいる種類 行動 友人の水槽 展示のある水族館
飼育方法 マッドスキッパーリスト トビハゼ行脚 グッズ
| TOP | Profile | PictureBBS | Diary | LINKS |
沖縄美ら海水族館
和歌山県立
自然博物館
葛西臨海水族園
佐賀・ムツゴロウ王国
干拓の里・
ムツゴロウ水族館
姫路市立水族館
アクアトト 岐阜
名古屋港水族館
志摩マリンランド
京大・白浜水族館
須磨海浜水族園
渋川マリン水族館

トビハゼ・ムツゴロウを見ることができる施設
和歌山県立自然博物館

 私の実家のある和歌山には、小さいながらもいろいろな生き物をそろえた楽しい博物館があります。初心者のお子さんたちからマニア(?)の人たちも、ひまができれば通ってじっと見たくなるような昔ながらのいい感じのレイアウトをしています。

入って角を曲がるとすぐに見える大水槽。
 和歌山周辺の黒潮の海で生息する大型の魚たちを展示しています。水槽の主のようなクエがとってもいいですよ。
 ここの学芸員にはハゼがとっても好きな方がいて、和歌山県下で見られるハゼを全部集める勢いで展示されています。私のようなハゼマニアにはたまらないですなぁ〜
トビハゼの水槽
干満(水位変化)をポンプによってつけられています。水槽上にある説明板にはトビハゼが絶滅危惧種であると書かれています。

 中にいるトビハゼたちは、健康そうにおなかもぽっこりしていました。水槽を覗き込んでもあんまりびっくりする様子もなく、慣れた感じでした。岩に乗っかるところがあり、足の根元の砂地がありといろんな休み場所が作られていました。
 ただ、密度が少し高いのか、追いやられて壁にくっついてる子が少しやせていて、ちと心配。
トビハゼだけでなく、水中には、いろいろなハゼが入っていました。タネハゼが細長くってかわいかったなあ。
  

これぞ、ハゼマニアにはたまらない水槽展示のかずかず。一つ一つを見てるだけでも一日過ごせます。サツキハゼやゴマハゼをこんなにたくさん入れて泳がせておくなんて優雅でいいですなあ…そうかと思えば、カワアナゴみたいな大物をそれぞれのすみかを与えて混在させるってのもいいねえ^^

和歌山県立自然博物館の詳しいことは、ここをクリックしてHPで調べてください。
先頭に上がる

Copyright (C) Mudskipper World, All Rights Reserved.