トップページへ戻る
基本情報 日本にいるもの お店にいる種類 行動 友人の水槽 展示のある水族館
飼育方法 マッドスキッパーリスト トビハゼ行脚 グッズ
| TOP | Profile | PictureBBS | Diary | LINKS |
どこまでも移動
歩き方
ケンカ
ジャ〜ンプ!
まばたき
ごろりん
えさ待ち(飼育)
巣づくり
行動を動画で
(GIF アニメ)
行動を動画で
(QickTime形式)
トビハゼの行動
飼ってると慣れてきて、エサを待つようになります

 エサをくれるということを学習すると、これまたかわいさが倍増しますね。うちの子達は、顔を近づけるとエサをくれるのだと思って近寄ってくるんです。うまく学習させると、手の上で餌を食べるものだと思って、手乗りトビハゼにすることもできます。インディアンマッドスキッパーはとても人なつこいです。トビハゼとミナミトビハゼも、かなりなついてくれます。アフリカンマッドスキッパーは、ちょっと恥ずかしがり屋なので、そこまでなつかないですが、お腹がすくと、じっと人影の方を向いてエサをくれ〜〜〜っ!!と目線でうったえます。

うちにいるミナミトビハゼ君

(すぐうちの前の川にいた子にペットになってもらいました)写真を撮ろうとして近づくと、人影に近づいてきます。

  目線で、 エサをおくれよ〜〜!と訴えるようにして、どんどんこっちに近づいてきます。上からエサを入れるので、上から何か落ちてくるとエサだと思ってとりあえずなんでもかじってしまいます。でも食べられないものと分かると、こちらをみて、まだ?って顔をします。
アフリカンさんは、恥ずかしがり屋のため、急に近づいたりすると水の中に隠れてしまうことが多いです。でもお腹がすいたときは、動く人影の方をじっと見すえて、ごはんはまだ?という顔で待ってます。
 あんまり近づきすぎると、水の中にかくれちゃうんですよね。
先頭に上がる

Copyright (C) Mudskipper World, All Rights Reserved.