トップページへ戻る
基本情報 日本にいるもの お店にいる種類 行動 友人の水槽 展示のある水族館
飼育方法 マッドスキッパーリスト トビハゼ行脚 グッズ
| TOP | Profile | PictureBBS | Diary | LINKS |
どこまでも移動
歩き方
ケンカ
ジャ〜ンプ!
まばたき
ごろりん
えさ待ち(飼育)
巣づくり
行動を動画で
(GIF アニメ)
行動を動画で
(QickTime形式)
トビハゼの行動
 あるきかた

  トビハゼは、魚なのでパーツは他の魚と基本的には同じですが、陸上で生活するようにいろんなところが陸上用に特化しています。そのもっとも特徴的なのは、胸鰭が筋肉質で腕のようにして歩くことができます。

  通常、トビハゼの動きを見ていると、尾ビレで支えて胸ビレでこいで歩くように思われがちです。でも実は、腹ビレも重要な役割を果たしているのです。
静止しているときも、胸ビレと尾ビレ、それに腹ビレの三点支持で立っています。通常、お腹が地面につくことはありません。
 左図は歩いているときの胸ビレと腹ビレの動きを示しています。まず、胸ビレで体を持ち上げ、次に胸ビレを前に出すときには腹ビレで支えます。そして、胸ビレで体を前に出すときに腹ビレも補助的に蹴りだす動きを補助しています。
小型であることが多いトビハゼ類とは異なり、大型になるモドン・シュロッセリは少し違います。体の軽い小さいときは、上記のトビハゼのような歩き方ですが、大きくなってくると腹ビレだけでは体を支えきれないので、お腹が平らになってすべるように泥の上を歩くようになります。(参照:GIFアニメ)
先頭に上がる

Copyright (C) Mudskipper World, All Rights Reserved.