トップページへ戻る
基本情報 日本にいるもの お店にいる種類 行動 友人の水槽 展示のある水族館
飼育方法 マッドスキッパーリスト トビハゼ行脚 グッズ
| TOP | Profile | PictureBBS | Diary | LINKS |
ナナパパさん
arataさん その1
arataさん その2
なじんさん
まさてるさん
チェルブさん
エーコさん
いろんなお宅の
子供たち
水槽レイアウト arataさんちの場合---その2

arataさんは、飼育情報だけでなくいろいろなことを観察日記としてつけておられました。それもまた貴重な情報が満載だったので、こちらに載せさせていただきました。ここまで凝り性なのに、マッドスキッパー飼育から退かれたってのは、私にとっては非常に痛手です。しかし、いろんなことを質問できるのでとてもありがたい存在でもあります。

-----マッドスキッパー観察・その他いろいろ---------------
■手乗りマッドスキッパー...2002/06/05

手の平に置いてあるテトラミンを食べるマッドスキッパーちゃまです。最初はスポイトの先っちょに餌をつけて餌付けすることから始めましたが、慣れてくるに 従って指先につけた餌も食べるようになり、今では手の平でほぼ毎日ご飯です。指先に餌をつけた場合はジャンプもしまっす!!餌をつけなくてもなぜかジャン プします。最近はジャンプ力も強くなってきました。ただ飛びついてきて餌を確実に捕らえる確率ってのはかなり低いですが。。。口の周りに餌つけながら一生 懸命食ってます。
--------------------------------------------------------------------------------
■威嚇...2002/11/05

威 嚇してるのはメスの方です。自分に近寄ってきたオスに向かって威嚇しています。このメスは最初はオスとおもしろいほど互角の戦い(威嚇や噛み付き)をして いましたが、だんだんオスの方が大きくなってからは、メスはやられっ放しでした。昔はメスより小さかったオスですが、今ではオスかメスか見分けがつくほど ガッチリしてきました。体が太い!
でもメスも「調子こいとったらアカンど〜ボケ!」とばかりに、久しぶりにブチ切れましたよ!!新入り君2匹追加したこともあって、ちょっと闘争心が目覚めたのでしょうか?でも結局進入してきたオスにビビッてそのまま逃げていってしまいました。。。あれれ。
--------------------------------------------------------------------------------
■新入り...2002/11/07

オスがメスを追いかけまわして、メスが陸に登れなくなってたこともあって、それなら数が多い方が良いのでは!と思い、2匹新しく買って追加することにしま した。体がもともといる2匹に比べはるかに小さくて、まだオスとメスの判別ができないくらいの子供なんで、ちょっと様子を見ましたが、オスもどのマッドス キッパーに攻撃を仕掛けて行ったら良いのか分からなくなったのか、最初はキョどってました。前に比べオスも落ち着いてきた感じです。とは言ってもオスの強 さはまだ圧倒的ではありますが。

左は11月4日に連れてきたベイビーマッド。ちなみに11月4日はマイヴァ〜スディ!
--------------------------------------------------------------------------------
■戦争勃発...2002/11/10

新人2匹がやってきてから、メスもようやくオスに反抗し始めました。喧嘩があまりに一瞬の出来事でして、しかもヒレを立てて、お互いが相手の後ろに回ろう とくるくる回転しながら威嚇するもんですから、綺麗な写真が撮れませんでした。左の写真はキレまくりオスマッドスキッパーの威嚇です。第一背鰭(一番頭に 近い、扇型のヒレ)と第二背鰭(第一背鰭の後ろのヒレ)と尾鰭を立てた、ぶちキレ度マックス!!の状態です。オスのヒレは最高にシブいものがありますね!
でもどうしていきなりメスがオスに向かっていくようになったのでしょう?体の大きさはまだまだオスの方が大きいのに。チビちゃんが来て、少し心強くなったのでしょうか。また野生の本能ってのがよみがえってきたとか。
--------------------------------------------------------------------------------
■餌の時間...2002/11/28

インディアンマッドスキッパーは人なつっこいようです。水槽に近寄っただけで、餌をくれとばかりにこっちに向かって飛んできます。前に「手乗りマッドス キッパー」を紹介したように、餌のやり方を毎日同じようにしていると、すぐに覚えてそれに慣れてくるみたいです。棒の先っちょに餌を付けて、ジャンピン グ・マッドスキッパーをしているうちに、棒にかなり敏感になりました。怖がってるわけではなくて、すぐさまジャンピングで飛びついてくるんです。右の写真 は棒の先をロック・オンして、ジャンピングの準備に入った段階。
陸に餌を落とすだけだったらオスがやってきて、他のマッドスキッパーをけちらせて食ってしまうので、一匹一匹餌をあげないと駄目なんです。大変っす。
手乗りは、餌と一緒に手まで噛んできて、最近ちょっと痛くなってきましたので、あまりやってません(^^;
左の写真は餌場の貝殻で食事中の、チビのメス。我が家に連れて来て2週間で、ようやく慣れてきたようです。デカいマッドスキッパーに比べると、顔つきがまだ優しい感じがします。
--------------------------------------------------------------------------------
■雌雄の背ビレの違い...2002/12/08

餌をめぐっての威嚇のオンパレードです。左がメスのデカイので、第一背ビレ(赤い部分)は扇形をしています。右の写真はオスのデカイので、第一背ビレの頭側が丸くなっており、写真では確認できませんが、そこから細い毛のような長いヒレが生えてます。
オス、メス共に、第一背ビレ・第二背ビレ(第一背ビレの後方にある縦縞の入った背ビレ)・尾ビレすべてを立てた状態で、怒りはマックスです!
--------------------------------------------------------------------------------
■チビ頑張る...2002/12/15

チビマッド、頑張りました!デカいマッドスキッパー、しかもオスに堂々の威嚇です。それでもまだ体格差がかなりあるもんですから、結局は追い出されるはめになるんですが。。。
家に連れてきて1ヶ月経ちますけど、背ビレが少し長くなって、無色であったのも少し色が乗ってきました。このチビはただ「マッドスキッパー」で売ってたの で、どの種類かは分かりません。その店はインディアンしか入荷してないんで、インディアンだろうとは思いますが。しかし、入荷の時、インディアンに混ざっ て別の種類のトビハゼも入ってくるようです。成長とともに特徴が出てきてどの種類がわかるようになると思うので、楽しみです。
--------------------------------------------------------------------------------
■背後に弱い...2002/12/21

デ カいオスが強かった時代(デカいオスメス二匹で飼育していたとき)にも、新入りのチビが仲間入りしてからも、確認することができたんですが、マッドスキッ パーはどうやら背後からの攻撃に弱いようです。チビがデカいオスの方に背後からやって来ると、そのオスはすぐに、もしくはしばらくしてからどこかへ逃げて 行きます。弱いマッドスキッパーが強いマッドスキッパーを背後から近寄ると追い払える。飼ってる4匹すべてに言えることです。ホンマやろか(^^;
--------------------------------------------------------------------------------
■不思議な行動...2003/02/21

最近日中は暖かくなってきて、マッドスキッパー達も少し活発になってきました。食欲も出てきたようで餌にも敏感になってきましたし、威嚇もし合うようになりました。今年も去年に増してデッドヒートを繰り広げてくれるでしょうか。
この写真は何がしたかったんでしょう???水の中に顔だけ突っ込んじゃって…。初めて見ました。こんな姿。
--------------------------------------------------------------------------------

先頭に上がる

Copyright (C) Mudskipper World, All Rights Reserved.