トップページへ戻る
基本情報 日本にいるもの お店にいる種類 行動 友人の水槽 展示のある水族館
飼育方法 マッドスキッパーリスト トビハゼ行脚 グッズ
| TOP | Profile | PictureBBS | Diary | LINKS |
日本にいる
マッドスキッパー
とんとんみって?
トビハゼ
Periophthalmus modestus
ミナミトビハゼ
Periophthalmus argentilineatus
2種の違い
* 外部形態
* 産卵巣
* 求愛行動
ムツゴロウ
Boleophthalmus pectinirostris
トカゲハゼ
Scartelaos histophorus
日本での分布図
トビハゼ Periophthalmus modestus

トビハゼは本州の太平洋沿岸を中心に広く分布しています。泥の干潟に生息しており、日中の干潮時には泥の上でえさを食べたりしています。夏では、満潮のときでも水の中に隠れてしまわないで、防波堤の壁や葦にくっついたりしています。年中見ることができるというわけではありません。晩秋から春までは泥に穴を掘り、その中でじっとしてエサも食べず動かずで、すごします。

  • 学名 Periophthalmus modestus Cantor
  • シノニム(同種異名) Periophthalmus cantonensis
  • 地方での呼び名 とびとびー(岡山)、カッチャムツ(九州)、とんとんみー(沖縄)
 日本では、東京湾を北限に、本州太平洋、四国、九州と広く分布し、沖縄本島まで生息しています。体色は、通常黄土色から茶褐色で、うすく黒いあるいは白い帯状線が数本入ることがあります。しかし、体色はそのときの体の状態や感情などによってころころ変わるので、標準の体のもようというものが設定しにくいです。特徴的なことは、体にはキラキラ光る点(輝点)はまったくありません。体のすべてがパステルで描けるような感じです。
体の特徴としては、第1背ビレが丸く扇形で、明瞭なもようがなく茶〜褐色です。腹ビレはさかづき(盃)状で丸く、根元が補強するような膜があります。左の画像では、上の方に折り返しのようについているものです。地面につく端っこは切れ込みが深めにあります。
体長は7〜8センチ(全長では10センチ程度)まで成長します。12センチを越える大型個体は非常にまれで、そのほとんどがメスであることが多いです。寿命は、和歌山と岡山の個体群では2年〜5年です。長生きするのはメスの割合が圧倒的に高いです。体長と寿命には比例関係にあり、大きい個体ほど長生き個体でもあります。
ちなみに、オスとメスは外見上ほとんど見分けがつきません。
トビハゼは通常巣を持ちませんが、繁殖期になるとオスがメスに卵を産んでもらうための産卵巣を作ります。入口は一つか二つで、口で泥をくわえて外に出して下へ下へと掘り進みます。泥は巣の入口すぐには吐き出さずに、少し離れたところに捨てます。そのために巣穴は盛り上がったりしません。
より詳しい情報は、リスト内のトビハゼへ!
先頭まで上がる

Copyright (C) Mudskipper World, All Rights Reserved.