トップページへ戻る
基本情報 日本にいるもの お店にいる種類 行動 友人の水槽 展示のある水族館
飼育方法 マッドスキッパーリスト トビハゼ行脚 グッズ
| TOP | Profile | PictureBBS | Diary | LINKS |
定 義
体の各部
オスとメスの区別
生息場所
自然のpH環境
生活史
活動パターン*1年間
*1日
各地の活動時期
生理特徴*皮膚呼吸
*窒素代謝
世界分布
流域分布
マッドスキッパーとは何か。  

マッドスキッパーとは、英語で’mudskipper’、つまり「泥の上を飛び跳ねるもの」という意味で、日本語では「トビハゼ・ムツゴロウ」といわれる仲間のことです。生息場所は、おもに川の河口域・汽水域に広がる、泥の干潟あるいはマングローブ林内です。 これらの分類群は、スズキ目ハゼ科の仲間です。世界での分布は、ヨーロッパおよび南北のアメリカ大陸には生息しません。赤道付近のアメリカ大陸の国にはマングローブ林はありますが、マッドスキッパーの仲間は全く見られません。

マッドスキッパーの仲間は、厳密な意味で

  • 活動する主な場所が、水の中でなく陸上であること
  • 陸上ではエラ呼吸だけでなく、皮膚呼吸など別の呼吸方法もおこなうことができる
ということがあげられます。この厳密な意味に当てはまるものは4属あります。 日本で生息するものでは、トビハゼ属Periophthamus(トビハゼ・ミナミトビハゼ)・ムツゴロウ属Boleophthalmus(ムツゴロウ)・トカゲハゼ属Scartelaos(トカゲハゼ)と、日本にはいないが東南アジア〜北オーストラリアに広く分布する、Periophthalmodon属(ペリオフサルモドン) があげられます。
 これらのグループは干潟の上を歩くことができ、陸上にいるときは皮膚(ヒフ)呼吸をメインとしています。また、繁殖の時に重要な役割を果たす求愛行動も陸上で行われ、その動きは干潟上ではとても目立つようなもので、視覚に訴えるものです。
 広い意味でマッドスキッパーを言われるときには、上記の4属に加えて最大10属になります。これはその人の定義によって変わってきます。 広義で使われるときは、
  • 体が完全に水から上がらない(目玉くらいは空気中に出ることもある)
  • 河口域の泥干潟に生息する
  • 比較的胸ビレが発達していて、腕のようにして前に進むことが多少できる
  • 泥水内で、酸欠に強い
  • 目が上の方にあって、視覚による探索もかなりできる
ということを含んでいるようです。
 ただ、わたしの感覚的には広義に使われているマッドスキッパーは、ピンとこないものが多く含まれていると思います。

先頭まで上がる

Copyright (C) Mudskipper World, All Rights Reserved.