トップページへ戻る
基本情報 日本にいるもの お店にいる種類 行動 友人の水槽 展示のある水族館
飼育方法 マッドスキッパーリスト トビハゼ行脚 グッズ
| TOP | Profile | PictureBBS | Diary | LINKS |
売られている種類
うちの子の種類は?
検索表
 アフリカン
マッドスキッパー
 インディアン
マッドスキッパー
 ベトナム
マッドスキッパー
 ジャイアント
マッドスキッパー
インディアンマッドスキッパー

  2004年現在、最もよく販売されているマッドスキッパーがこの種類です。ほとんどがインド便で入荷されており、体長は8センチ前後まで大きくなります。けっこう好奇心旺盛で人になつきやすく、うちにつれて帰ってすぐからでもエサを食べるほど順応しやすい種類です。これは2004年現在、未記載種の可能性が高いです。つまりまだ学名がついていないということです。(>>Periophthalmus sp.参照)
 
 飼育はとてもしやすく、エサはテトラミンや乾燥アカムシやクリルなどの人工飼料にもよくなつきますし、生きた小さなエビをあげると狂喜して食べます。
 マッドスキッパーの中では珍しく、外見でオスかメスかを区別することができます。オスは、背ビレの一番目の条だけがぴんと長く伸びていますが、メスは伸びず背ビレは扇形の形をしています。

ちょっと画像が悪いのですが・・・

 画像の下個体の背ビレの先がぴんと伸びたものがオス、背ビレが扇形である上個体がメス。
  インディアンの周りに浮いている破片はエサとして与えたテトラミンフレーク。これを取り合ってけんかになってます。

  小さな入れ物に一緒に入れておくと、こんなふうにけんかがしょっちゅう起こるので、要注意です。

 第1背ビレは白く縁取られており、広げるために張った条も途中まで白く線が走っています。背ビレ全体が赤くなるのではなく、前半3分の1〜半分までが赤く、後半部は白線がカギ状に曲がったもようになっています。
体には白〜コバルト色の小さな斑点が散在しているのが目立ちます。興奮して起こると、くちびる周辺が黒くなることがよくあります。体色も小斑点もいろいろに現れたり消えたり、そのときの感情によってあっという間に変わります。
 インディアンマッドスキッパーのもうひとつの特徴は胸ビレにあるオレンジ色の大きな斑点です。興奮したりすると、両方の胸ビレにはっきりあらわれます。
 この斑点は2センチほどの幼魚のときから現れる特徴です。

  体色は、いつもグレーや茶一色でいるわけではなく、斜めに太い濃いグレーの線が何本も入ることもあります。しかし、尾ビレにはもようはありません。

  <<(左図) インディアンマッドスキッパーが水槽のガラス面に張り付いた状態。腹ビレは左右が癒合していて、上部に両方の腹ビレをつなぐ部分が大きく、かえしがついています(ミナミトビハゼにはこのかえしはついていません)。これは、トビハゼによく似た腹ビレです。

  陸地としてお弁当箱やペットボトルのそこを切ったものに泥をめいっぱい入れておきます。すると、中にいるトビハゼ達は自分の気に入ったように掘り返し、巣を作ります。早いと1週間くらいで作り上げます。作り上げた後も、他の場所を掘り返したりします。
  インディアンマッドスキッパーは2002年冬、2個体が巣を作りました。(泥を入れておくとたいていのマッドスキッパーは掘り返して巣を作ります。その中でもインディアンはこまめに掘る方です)。寒いときには何日も、巣から出てきません。写真を撮ろうと思ってごそごそすると、何だろう?と思ってこそっとこっちを見ています。
秋のうちに、大食いになってエネルギーを体に貯めておくので、冬をほとんどエサなしで越えます。ときどき暖かい日にエサをやっていると、冬越えの間に極端に痩せるということは避けられ、それによる死亡も避けられます。

先頭に上がる

Copyright (C) Mudskipper World, All Rights Reserved.