[HOME]
トビハゼやムツゴロウなどマッドスキッパー展示をしている水族館のリンク集
[トップページに戻る] [リンク集に戻る] [水族館ページに戻る]
 沖縄(琉球列島)  九州  四国  中国  近畿
 東海  北陸・中部  関東・甲信越  東北・北海道  海外

 沖縄(琉球列島)
沖縄美ら海水族館
沖縄にある、大型魚類の繁殖を目的とした水族館。トビハゼとミナミトビハゼの両種が展示されてます。
漫湖水鳥・湿地センター
圧倒的なマングローブ林が見られ、その中の生き物をじっくり見られます。ミナミトビハゼを間近に見るならここ。
黒潮の森 マングローブパーク
奄美大島の住用村マングローブ国定公園特別保護地区に作られている。カヌーに乗ってミナミトビハゼを堪能できます。
▲top

 九州
諫早ゆうゆうランド干拓の里
ムツゴロウの聖地、長崎にあるムツゴロウメインの水族館。夏には庭の水路にムツゴロウを見ることができます。とても珍しいワラスボの展示あり。
海遊ふれあいパーク
佐賀県芦刈町にある自然状態のムツゴロウが観察できる公園。芦刈町のマスコットがムツゴロウになってます。
大分マリーンパレス水族館「うみたまご」
大分にある、展示にこだわり「海の中を散歩する」ような感じをテーマにしてます。
いおワールド かごしま水族館
鹿児島市内にあり、マングローブ水槽を常時展示している水族館。その中にトビハゼがいます。
マリンワールド 海の中道
福岡の、水生生物をテーマとしたアミューズメントパーク。ちゃんとトビハゼもいます。
長崎ペンギン水族館
世界中のペンギンを集め、繁殖に挑戦しつづける水族館。長崎の魚コーナーに干潟水槽があり、トビハゼやムツゴロウがいます。
▲top

 四国
虹の森公園 おさかな館
四国の有名な四万十川に隣接しており、淡水魚を展示している水族館
新屋島山上水族館
香川県高松市にある水族館。四国の魚類水槽にトビハゼ展示あり。
▲top

 中国
宮島水族館 みやじマリン
広島県の安芸の宮島にある水族館。コツメカワウソがアイドル的存在。2012年に大改装してリニューアルオープン。ちゃんとトビハゼ展示もされてます。
市立玉野海洋博物館(渋川マリン)
岡山県南部の渋川海岸の近くにあるアットホームな水族館。
海響館
下関市にあるフグの種類を重点的に展示した水族館。
きらら浜自然観察公園
山口市きらら浜に隣接された自然観察を目的とした公園。汽水池のエリアにはトビハゼがいて観察が可能。
▲top

 近畿
姫路市立水族館
山の上にある水族館。兵庫県下の生物の解説がとても詳しい。また、トビハゼの展示水槽がイケてます。
(ただいま休館中)
和歌山県立自然博物館
私の地元、和歌山にある水族館。私はここの友の会会員で、時々コラムも書いたりしてます。
京都大学白浜水族館
大学の研究センターに敷設された水族館なので、展示物や方法が他の水族館よりもはるかに学術的です。でも清潔だし静かだし、いい感じです。
須磨海浜水族園
兵庫県須磨市にあり、私はここで初めてピラルクーを見ました。感動ToTしました。
内之浦干潟親水公園
和歌山県田辺市にある干潟の生物を観察できる公園。私のトビハゼ研究はここから始まった。
▲top

 東海
世界淡水魚園水族館
通称「アクアトトぎふ」の名前で呼ばれています。長良川の生物水槽がとても情緒があってなごみます。もちろん世界中の魚がいます。
名古屋港水族館
海獣をメインにした南館と魚類メインの北館がある、広大な水族館。2004年7月に世界ではじめてベルーガ(シロイルカ)の赤ちゃんが生まれました。
鳥羽水族館
三重県中部にあり、超水族館と銘打った近代的水族館のはしり的存在。ジュゴンもいます。
志摩マリンランド
三重県南部にある、マンボウ水槽がすごいけど屋外展示にトビハゼとムツゴロウを飼育している日本でも珍しい水族館。
稲永ビジターセンター
名古屋市にあるラムサール条約湿地藤前干潟に隣接された環境学習施設。トビハゼが人気者になっているようですよ。
▲top

 北陸・中部
寺泊町立水族博物館
新潟県にあり、とってもこじんまりした隠れ家っぽい水族館。私の好みです♪
越前松島水族館
日本海の珍しい魚を中心に展示している水族館。ミナミトビハゼの展示があるそうです。こちらのメールに丁寧にお返事をいただきました。
▲top

 関東・甲信越
葛西臨海水族園
東京ディズニーランドの隣にある、世界ではじめてトビハゼの室内繁殖に成功した水族館。トビハゼグッズも売ってます。タマカエルウオもかわいいですよ。
新江ノ島水族館
最近大幅リニューアルした。この水族館限定の魚のボトルキャップに、トビハゼもあります。
サンシャイン国際水族館
サンシャインビルの屋上にある豪華水族館。トビハゼといってインディアンマッドスキッパーが展示されているらしいです。2011年にリニューアルオープンしました。
東京港野鳥公園
東京湾大井埠頭にある自然公園。たくさんの水鳥たちに加え、トビハゼも見られます。
浦安市郷土博物館
干潟のジオラマがあり、その中にトビハゼたちもあります。キャラクターのあっさり君にノックアウトです^^
国立科学博物館
上野にある日本が誇る博物館。改築後にできたマングローブのジオラマは圧巻。リアルなトビハゼ模型を見に行こう。
市川自然博物館
千葉県にあり、日本では北限にあたる江戸川放水路のトビハゼに着目した。博物館だよりの記事「トビハゼの礼儀作法」は楽しい。
谷津干潟自然観察センター
水鳥の楽園「谷津干潟」をよりよく理解できるところ。トビハゼやカニを自然に近い形で飼育している。観察グッズをレンタルできるところもGood!
大洗水族館
アクアワールドの一角にあり、最近改築された中に、トビハゼの展示あり。
よしもとおもしろ水族館
すべての魚の特徴を強調した水槽セットで展示してます。トビハゼとヨダレカケのジャンプ競争用にいくつもハードルを置いてます。
鴨川シーワールド
千葉県にあり、21世紀の海洋公園をめざしているエンターテイメントワールドと銘打っている。
熱帯環境植物館
東京都板橋区立の熱帯植物館。ミナミトビハゼとして展示してあるけどインディアンマッドスキッパーがいっぱいいる(らしい)。撮影がとてもしやすい(らしい)。2011年には絶対訪れたい。
月曜日はお休みです。
▲top

 東北・北海道
おたる水族館
今のところ、日本でもっとも北で、生のトビハゼを見られる水族館。メールの応対もとても丁寧です。
(現在は展示していないようです)
▲top

 海外
▲top

[編集]
CGI-design