トップへ
取り出しツリー

. TL-01Bシャシーのバッテリーを抜きやすくする対策 ふぇら〜り伊藤 02/03月03:54[54]選択
. バッチリです ふぇら〜り伊藤 02/09日01:40[62]


上の選択記事
. TL-01Bシャシーのバッテリーを抜きやすくする対策返信  
TL-01Bシャシーでは、
砂や小石がシャシーのバッテリー支持部に入り込むと
バッテリーが(かなり)抜けにくくなる、という問題が指摘されています。

http://2.pro.tok2.com/~rctv/cgi-bin/bbs/buggy/raib.cgi?md=ov&no=27&pn=27&ln=1
のスレッドで言及されています。

私も、昨日、マッサラのマシンをシェイクダウンして
ようやくこの事実を確認しました。
2400RCバッテリーだと、砂をキレイに除去しても「まったく抜けない」
という状態になりました。これは、バッテリーの収縮チューブが
砂でキズだらけになり、ささくれ立ってそれが引っかかってしまった
からです。ささいなことですが、このせいで抜けなくなりました。
もっと容量の少ない、幅の細いバッテリーパックなら
問題なかったのだろうとは思いますが、それでは使えるバッテリーを
選ぶシャシー、ということになってしまいます。
何とかならないものか。

上記のスレッドでは、スポンジによる防塵や、バッテリーの通りが
きつい部分をリューターでナメる、といった方法が紹介されています。
私は、もっと根本的な方法として、シャシー内側の、バッテリーを
ホールドしている「輪っか」の部分を、そっくり、バッサリと
リューターで切り落としてみました。
「輪っか」の部分で残したのは、シャシー側面の5mm分程度です。
シャシー底面は、強度確保のために穴は開けていません。

気になる強度ですが、切り落としてもほとんど変わりませんでした。
バッテリーがつっかえている部分ごと、切り落としてしまったので
バッテリーはスイスイ通ります。
リューターないしホットナイフがないと、加工は困難ですが、
道具を持ってらっしゃる方は、やってみると良いです。
バッテリーホルダーとバッテリーの接触面積が大幅に減りますから、
バッテリーに小石や砂が噛むことも少なくなります。
ふぇら〜り伊藤 メール 2003/02/03月03:54 [54]



上へ






RAIBB2.18 - wakatiai.com
Notregisted (Free Edition)
2019/07/21日08:15