トップへ
取り出しツリー

. ありがとうございました NISMO隆 08/16月11:02[181]
. うん!使えるよ! RT55 08/16月20:46[182]
. ベアリング NISMO隆 08/20金13:52[183]
. Re:ベアリング ふぇら〜り伊藤 08/20金15:44[184]選択


上の選択記事
. Re:ベアリング返信  
ホントは「入門者フォーラム」に書いていただきたい質問なんですけど・・・。
(節度をもってテーマを切り分けてくださいね〜)
-------------------------------------------------------------

RCで「ベアリング」といえば一般にはボールベアリングのことです。
ベアリング(bearing)というのは「荷重を受ける(bearする)もの」=「軸受け」の意味そのものですから
メタルやプラの軸受けもベアリングの一種なんですが、
こういうのは「プレーン(無垢の)ベアリング」と言って
ボールベアリングやローラーベアリングなどの「転がり軸受け」とは区別されています。

転がり軸受けにはボールベアリングのほか、ローラーベアリングやその他もろもろありますが、
詳しくはGoogleで「ベアリングとは」なんて検索してみればすぐ分かるでしょう。
RC用としては、大量生産されて安価に入手可能という意味でボールベアリングが一般に使われているわけです。
ただ、フロントデフに使うワンウェイクラッチだけはローラーベアリングですね。

転がり面が点接触になるボールベアリングは、抵抗ロスの面では有利なんですが、耐久性や耐荷重性では不利です。
また、ワンウェイクラッチのような、回転方向に指向性
(逆向きに回らないようにするとか)を持たせることが困難です。
そこで、ワンウェイクラッチはローラーベアリングになっているわけです。

ひと口にボールベアリングと言っても、
内部のボールを支持する部品(リテーナー)の素材の違い(樹脂か金属か)とか
ボールの素材の違い(ステンレスかセラミックかその他か)とか
ボールの加工精度の違い(簡易に精度悪くか手間かけて高精度にか)
内輪と外輪のすき間をふさぐシール面の仕様の違い(「なし」かメタルシールかラバーがけメタルシールか)
などで、それこそ千差万別の仕様の違いがあります。

もちろん、最も望ましいのは、安くて、高精度で、耐久性が高く、防塵性が高くて回転ロスが少ないものなわけですが、
そんなのは通常、あり得ないんで、どれかを捨ててどれかを取る、
そういう「バランス」をみながら製品がラインアップされています。

タミヤの場合、扱っているベアリングはメタルシールとラバーシールに大別されるわけですが、
歴史的には、80年代半ばまではメタルシールのみ、
80年代後半にラバーシール(正確にはラバーがけのメタルシール)が導入され、
90年代半ばまではラバーシール一辺倒で一時メタルシールは絶滅
しかし90年代後半からコストダウン目的でベアリング同梱モデル中心にメタルシール復活、
さらに入門用のTT-01/TGSの発売を機に、optパーツにもメタルシールものが導入されています。

80年代後半〜というのはバギーブームで防塵性要求が高まったため、
さらに90年代以降は単価アップによる売り上げ確保のため
品質や防塵性は高いけど単価も高いラバーシールベアリングを
全面に押し出した販売を行ったものと推察しています。
(そんなこと言ってもタミヤは認めないでしょうが)

しかし、キット価格9800円のTL-01用のフルベアリングセットが6800円したりとか、
TA-04用のベアリングセットも同じくらいの価格だったりと、
ちょっと常軌を逸しているなぁ、というユーザーの反応があって、
安いサードパーティー品へどんどん流れてしまい、タミヤ純正品がさっぱり売れなくなってしまった時期があり、
コレではイカン、ということで、品質はやや犠牲にしてでも
とにかく安いメタルシールベアリングも仕入れてキット同梱や別売するようになったと。

要するに、現在の状況からいうと、
 メタルシール=安かろう悪かろう
 ラバーシール=いいけど高い
というふうになっているのがタミヤベアリングの位置付けです。

ただし、ラバーシールベアリングなんてタミヤくらいしかなくて、
他社は押しなべてメタルシールばかりです。
理由は、現在主流のツーリングカーではそこまで高い防塵性は無意味だし、
そもそもラバーシールは防塵性を上げるためにシール部のすき間(クリアランス)を狭く取ってあるので
シール部分で摩擦が大きく、駆動ロスの面では不利になりがちだからです。
バギーにはいいけれども、ツーリングには防塵性の部分がオーバースペックだと。
それよりも駆動抵抗を良くしたい、というわけです。
スクワットから出ているゴールドベアリングなどはまさにそうで、
徹底的に転がり抵抗の軽減を追及して、タミヤのラバーシールよりかなり抵抗が少なくなっています。
具体的には
http://www.rct.jp/cgi/bbs/beginner/raib.cgi?md=ov&no=1054&pn=1054&ln=241
をどうぞ。

蛇足ですが、巷でよくやっているベアリングの脱脂、あれは
防塵シールの役割も担っている封入グリスをわざわざ取り去ることを
やっているわけですから、当然、ちょっとしたことでゴミがベアリング内に侵入し、
「ゴリゴリ」の原因になってしまいます。
場合によっては、走行後のエアブローでタイヤカスを飛ばした瞬間に
ベアリングをダメにしちゃうこともあるくらいです。
くれぐれも気を付けてください。
ふぇら〜り伊藤 メール 2004/08/20金15:44 [184]



上へ






RAIBB2.18 - wakatiai.com
Notregisted (Free Edition)
2017/11/18土09:43