トップへ
取り出しツリー

. TT01ショートに載せるボディ bamboo 06/08水12:30[999]
. ポルシェとくれば(^_^)v AS800M 06/08水13:18[1000]
. タミヤツーリングカーのホイールベース ふぇら〜り伊藤 06/08水14:48[1002]選択


上の選択記事
. タミヤツーリングカーのホイールベース返信  
※07年9月5日付けで内容を一部改定しました
---------------------------------------------------------

タミヤのツーリングカーの基準ホールベースは「257mm」です。
TA-01/02/03/04/05、FF-01/02、TL-01、TB-01/02、TT-01とも基本的には同一です。ボディに互換性を持たせるためです。

もともと、タミヤのF10x系F1シャシーやCカーの一番ホイールベースを詰めた状態のホイールベースが
「260mm」でしたので、これを基準として2度のトーインを付けたら「257mm」になったと。
ちなみにTA02の頃までのタミヤツーリングシャシーには計測基準にブレがあり、
まったく同一シャシーなのにホイールベースのカタログ値が違うというアヤフヤな時期がありました。
(図面がすべてCADで書かれてればこのようなことはないハズなので、
 この頃にはまだ完全導入には至ってなかったのかな、という印象です)

これに対し、純レース用シャシーであるTRF41x系やEvo系のホイールベースはバラバラです。
そもそもホイールベース可変式ですしね。
ただ基本は260mm弱の設定です。

「例外」はTA-03/03系の「旧ショート」シャシーとTA-04SS、TT-01ショート仕様です。
「旧ショート」は基準より20mm短い237mm、
これに対して、
TA04SS(04SS足にコンバートしたTA05も同じ)は基準より10mm短い247mm、
TT-01のリヤサスアームを前後ひっくり返した「TT-01ショート」仕様は基準より6mm短い251mm、となっています。
TA04SSはTT-01ショートより4mmホイールベースが短いですが、
この程度ならばホイールアーチのズレもあまり致命的ではなく、
XBで販売されたアウディTTクーペのTT-01版はTA04SSと同じホイールアーチ位置で発売され、
リヤタイヤが少し後ろにズレていました。
(フロント基準でボディマウント穴を開けているのでリヤタイヤが4mmズレている)

具体的に使えるボディとしては
「旧ショート」タイサン/虎之助ポルシェGT2、ポルシェ911GT1、プジョー206、トヨタカローラWRCなど
「新ショート」トヨタMR-S、アウディTT(TA-04SSとしてキット化、TT-01ではXBでしか出ていません)

現状、TT-01ショート(新ショート)にポン付けでフィットするボディとしてはMR-Sしかありません。
MR-Sには軽量ボディの設定もありますけど、さすがに最近はなかなか手に入りずらくなってるのかなぁ・・・。

 #07年夏までは以上のラインアップでしたが、
 #07年10月にBMW・Z4 MクーペレーシングがTT-01ショート版で新たに追加されます。
 #このボディはホイールベース251mmに合わせてホイールアーチが切られているのでTT-01ショートに最適です。
 #もちろんこの程度のホイールベース差ならTA04SSにも装着可でしょう。


ちなみに、Mシャシーについては
M-01/02/03 210mm
M-01M/M-02M/M-04M 225mm
M-02L/M-03L/M-04 240mm
となっています。全幅も押しなべて160mm前後しかないのでこれはちょっとお薦めできないと思います。

このほかには、クロカン(CC-01)で標準とロングの2種類、
TA-01の派生でM-1025ハマー、TL-01の派生でバギー(TL-01B)
などもありますが、それぞれのホイールベースについては後で調べておきます。
ふぇら〜り伊藤 メール 2005/06/08水14:48 [1002]



上へ






RAIBB2.18 - wakatiai.com
Notregisted (Free Edition)
2017/10/22日19:04