マイナーリーグ 2A
第9戦 B ボーリングの球
 ちょっと小さめのボーリングの球に無理して指を入れたら、球から指が抜けなくなってしまいました。どんなことをしても指が抜けないので、仕方ないのでそのままの状態で暮らすことにしました。
 その後、どんな事がおきた?
作品→ 「先生〜。右手こんなんやから鉛筆握れまへ〜ん。」って言える。
この作品への投票者(投票順)
名前
2点大型トラック

HOMEタイトルリスト