星の友美 in モコ谷カフェ 2006年1月22日(日) 〜tenten(アドフォーカススタジオ)

モコ谷カフェでは、午前はソフトテイスト、午後はハードテイストのセッティングで構成されてまして、モコ谷先生のセッティングした2つの異なるライティングを楽しんできました。


■ソフトテイスト〜メイン1灯(フロントトップ)
フロントトップから大きめのソフトボックスをメインとし、床に置いたミラーで光を回しています。両サイドに置いた黒いバウンス板でエッジを黒く締めるセッティングで、雑誌の表紙撮影などにも頻繁に使われます。

光を反射させる力:白レフ<銀レフ<ミラー(ただし、ミラーはレフと違って拡散はしない)
鼻筋が白く飛んできれいですね〜。


作例です。写真をクリックすると大きくなります。


01

02

03

04

05

06

07



■ハードテイスト〜左スポット1灯+バックスポット3灯


作例です。写真をクリックすると大きくなります。


08

09

10

11

12

13

14

15


機材:キヤノンEOS-1D、EF17-35mmF2.8L、EF28-70mmF2.8L、EF100mmF2.8Macro