不知火 幻庵

声優:矢野 栄路
個人データ
名前不知火 幻庵(しらぬい げんあん)
コピー葬られし一族の雄
流派魔道な流
武器銘あざみ
生年月日1762年 3月25日
年齢26歳
出生地鬼哭島
血ノ型人とは血液構造が違う
身長5尺
体重18貫目
趣向家族と魔道なひととき
家族構成あざみ(妻)、ざくろ(長女)、むくろ(長男)
宝物昔一族の勇者が倒したといわれる鬼族の骨(実はプテラノドンの頭骨)
好きな物家族のまがまがしい笑顔
嫌いな物怒った時の自分の肌色
コンプレックス最近めっきり減った頭髪
剣の道について真っ二つに切り裂いた瞬間の快感を得るための手段
公式ストーリー
 機は熟した。

「……幻庵様、あなた、行ってしまわれるのですね?」
「あざみ。未練がましいケ」

 不知火一族の最強戦士である幻庵は、血が騒めくのを感じていた。その感覚は海鳥たちが渡っていく頃から始まり、嵐が続くいま、ピークに達していた。それを感じているのは幻庵だけではなく、一族の者全てが何かを感じ取っていた。皆、時が経つにつれてだんだんと落ち着きがなくなり、そわそわとした様子を見せた。ただ、それは不快な感覚ではなく、人を殺める爽快感や、女子供の泣き叫ぶ声など、邪を好み闇に生きる一族にとっては、むしろ心地良いものであった。(※1)

 だが幻庵には、他の者とは少し異なる感情があった。心地良き魔性の歓喜の中で、なおかつ気に入らない要素が心の中に生じていた。自分に変わる何者かが魔の頂点に立とうとしているのではないか?原始的でがあるが、彼の第6感(※2)がそう告げていた。

「血がワシを呼んでいるケ、この赤黒き血の教えるところに、殺戮の喜びを与えねばならんヤツがいるケ。そいつを倒した時こそ、ワシが魔道の王となるケ!ケ、ケ、ケケケケケ!」

 不知火一族の歴史を遡ると魔界にまで通じている。何らかの影響で不知火の祖先にあたる者が人間界に落ち、交わり、現在に至ったのだろう。その有様を語り継ぐ物品も残されてはいないが、邪悪なDNAに刻み付けられた魔界の記憶が、天草四郎時貞の復活と共鳴し合うのだろう。

「オトウチャ、どっかいくのケ?」
「えー、オトウチャ、どこどこ?」
 幻庵と同じ様に耳の尖った子供達が、不気味な笑顔(※3)を浮かべて聞く。純粋な彼らには母親の涙は理解出来ない。子供らの声が、妻ざみの悲しみを煽る。

「あなた、どうかお気をつけて……」
 あざみはその場で泣き崩れた。
「行かせてくれるケ……すまない、お前……」
 こうして幻庵は鬼哭島を後にした。手には妻の名をつけた武器を持っていた。

(※1)ヒトでいうと、思春期に好きな人に対して思うやや無謀な衝動、イライラするような気持ち良いような感じ、とでも申しましょうか。懐かしい原始的なアレですね。
(※2)ヒトでいうと「虫の報せ」というヤツだが、不知火一族では「骨髄のささやき」とされている。
(※3)ヒトでいうところの「無邪気な」や「可愛い」といった表現である。その他「邪悪な」「陰気な」「薄暗い」「薄情な」なども他人を褒める表現となる。

挑戦メッセージ
同キャラ
 ぬしも魔道、ワシも魔道。残った方が本物の魔道だケ
 (IF I DIE, YOU CAN GO. IF YOU DIE, I CAN GO. SIMPLE.)
その他
 ケケケケ。暗黒にしずめ!ぬしの骸、ワシが頂くケ。
 (IF YA THINK I'M UGLY LOOK AT YOU AFTER THIS!)
 殺せ、憎め!怨みに狂う者を斬るのは楽しいケ!
 (WILL I SOME OF YOUR ESTATE?)

勝利メッセージ
同キャラ
 ぬしの服とツメ、形見にもらうぞ‥。おお、こりゃピッタリだケ。
 (YOUR CLOTHES AND TALONS, TOAD! OOH, A PERFECT FIT.)
斬勝利
 ケケケケ!ぬしの魂、ワシが魔道へひきこんでやったケ。
 (NO ONE CALLS MR FREAK AND LINES! NO ONE BUT MY WIFE, THAT IS.)
必殺技勝利
 堕ちれば、魔道もわるくないだケ!
 (DON'T LOOK SO SAD. YOU WILL BECOME USED TO THE AFTERLIFE.)
その他勝利
 ひきょう者?ケケケケケケッ!ありがたい、ほめことばだケ。
 (MY FACE MAY LOOK BAD, BUT YOUR BREATH SMELLS HORRIBLE.)
エンディング
 ケケケケケ‥‥ どうだケ、ぬしもワシと魔道へ堕ちてみんケ?
 (HEH, HEH, HEH. COME BLACK MAGIC WALK WITH ME.)

ステージ4後デモ
不知火幻庵堕ちた堕ちた、ケケッ
(HAVE A NICE DALL.)

(!)
ケケッ?
(KE, KE)
天草四郎時貞クク、クククク‥‥‥。我こそは天草が怨霊。さぁ暗黒神がおよびだ
(CALL ME AMAKUSA,AMAKUSA!)
不知火幻庵ヌシも魔道ケ?
(WIZARD? KE)
天草四郎時貞そう、お前と同じ魔に生きるもの。憎しみ、ねたみ、怨むことこと我らがよろこび!さあ我に続け!
(YOOU GOT IT! LIKE YOU I LIVE BY A MAGICAL FORCE. FROM THE DARK GUY. JOIN ME.)
不知火幻庵ケケッ!わらわせる。魔道の王はオレ様だケ
(YOU'RE FUNNY・・・ LOOKIN', THAT IS.)
天草四郎時貞ククク‥‥‥ならば死をまっておれ
(THEN DIE,YOU CRAZY FUNSTER!)
不知火幻庵ヘンな奴だケ‥‥‥‥
(A STRANGE FELLOW・・・)

エンディング
不知火幻庵同じ魔道でもワシの敵ではなかったの
(THE SAME PATH AS I YET NO EQUAL HE.)
あざみ不知火様!
(GEN-AN!)
不知火幻庵あざみ!ついてくるなといったはずだ、魔道に女は不要!
(AZAMI!THE LIFE OF A SORCERER IS NOT FOR WOMAN.SCRAM!)
あざみ不知火様‥。
(OH,GEN-AN,)
  
不知火幻庵女だからとてようしゃせぬぞ!
(YOU'LL GET NO FAVORS FROM ME!)
不知火麻衣つべこべいわずにかかってらっしゃい!
(OH, STOP WHINING AND ATTACK!)
不知火幻庵あ、あざみ‥‥‥
(A, AZAMI! I・・・)
 
不知火 幻庵
−1789年 鬼哭島にて死亡−

(1858)
(ONINAKI ISLAND,GEN-AN DIES)

必殺技紹介

毒吹雪どくふぶき

→AorBorAB
 毒を口に含み、煙だか霧だかにして吹き出す魔道な技。真似すると死ねるのでやめておきましょう…毒吹雪に触れただけで一瞬にして体が紫色に染まりぶっ倒れてしまうほど毒性強いので、常人が口にそんなもの含んだら余裕で死ねます。
 まず、弱〜強の違いですが、弱は幻庵の目の前に少し停滞して吹雪は消えます。中はゆっくりと前進し、ある程度のところで止まりそして消えます。強は高速で飛び…射程は無限になるので普通の飛道具と言えますね。
 攻撃判定発生までの動作が長めなので、相手の牽制技が届く距離では到底使えません。
 主な使い方としては弱は攻撃判定の大きさを利用して先読み対空に使う、中はある程度飛んでから止まる性質を利用して起き上がりに重ねる、強は遠距離間合いでの牽制に中と織り交ぜてといったところでしょうか?
 なお、ヒットすると相手はしばらく立ったまま苦しんでいますが、喰らい判定は消えており…何も出来ません。自力でゲージを溜める事が出来ないゲームですから、この間に技を空振りしまくってゲージ溜め!などという事も出来ず、かといって挑発すら無いので…黙って見てるしかないですね、これ。

肉転突にくてんづ

→↓AorBorAB
 黄色く発光し、奇声をあげながらゴロゴロと転がる魔道っぽい技。ツメを構えて回るので単純な体当たりではなく、実際にはツメで引き裂く技かと…。更に相手にぶつかっても回転はやめずにそのまま体を昇っていき上空まで飛び上がってしまうという豪快さ!ガードされると反撃を受けるのですが、特定の技に限定されるので知らないヒトに対しては削り技としてガシガシ使っていけます。
「ウケケケケケケケケケ」